住信SBIネット銀行住宅ローンを徹底検証。他社と比較して判明した強み・弱みと金利・審査情報

目次

住信SBIネット銀行住宅ローンの概要

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資するネット銀行です。元々ソフトバンクグループの金融関連企業だったSBIホールディングスのネット銀行としての強みと、三井住友信託銀行のリアルな信託銀行としての銀行サービスの強みを併せ持つ銀行として、革新的な銀行サービスを提供している銀行です。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴は「変動金利は業界トップクラスの低金利」「当初固定金利は業界トップクラスの低金利」「全疾病保障が無料付帯」「女性限定でガン診断給付金」「印紙代不要」「他行口座からの資金移動手数料0円」などがあります。

大きな特徴は「業界トップクラスの低金利」と「全疾病保障が無料付帯」という2点です。

ガン(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎やそれ以外の病気になって就業不能状態になった場合、最長12カ月は毎月のローン返済額が保険金で支払われ、12ヵ月を経過するとローン残債全額が保険で支払われるので住宅ローンが完済状態になるのです。

他の銀行でも、3大疾病保障、8疾病保障などが付帯されている住宅ローンもあるのですが、有料で「金利+0.3%」というのが相場です。たった0.3%と考えてしまいがちですが、総返済額で計算すれば200万円~300万円ぐらいの負担増になります。

これが無料で付帯されているということが住信SBIネット銀行住宅ローンの独自のメリットになっているのです。その上、低金利なのですから、借り換えで年齢が高くなっている、病気リスクが大きくなっている方にはありがたい住宅ローンとなっています。

病気になるリスクを回避したい方、老後までの安全性を重視したい方、その上で低金利の住宅ローンを検討している方におすすめできる住宅ローンとなっています。

住信SBIネット銀行住宅ローン

8.1

金利の低さ

9.1/10

知名度や安心感

8.0/10

融資までのスピード

7.6/10

審査の通りやすさ

7.7/10

対応の質

7.8/10

良い点

  • 変動金利は業界トップクラスの低金利
  • 当初固定金利は業界トップクラスの低金利
  • 全疾病保障が無料付帯
  • 女性限定でガン診断給付金
  • 印紙代不要

悪い点

  • 当初固定金利の金利は低金利ですが当初期間終了後の金利上昇幅は大きい

住信SBIネット銀行住宅ローンキャンペーン

注目金利

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン変動金利(-)0.440%0.440%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン変動金利(借り換え)(-)0.410%0.410%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(10年)0.660%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料

住信SBIネット銀行住宅ローンメリット

  • 変動金利は業界トップクラスの低金利
  • 当初固定金利は業界トップクラスの低金利
  • 全疾病保障が無料付帯
  • 女性限定でガン診断給付金
  • 印紙代不要
  • 他行口座からの資金移動手数料0円
  • 保証料無料のネット銀行モデル
  • 病気による返済負担増加リスクを軽減できる

住信SBIネット銀行住宅ローンデメリット

  • 当初固定金利の金利は低金利ですが当初期間終了後の金利上昇幅は大きい

住信SBIネット銀行住宅ローン金利

住信SBIネット銀行住宅ローン金利の検証結果

concierge
住信SBIネット銀行住宅ローンの変動金利/2022年1月
住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン変動金利(-)0.440%0.440%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン変動金利(借り換え)(-)0.410%0.410%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
変動金利の住宅ローン上位5位/2022年1月
銀行金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
りそな銀行
変動金利(借り換え専用Web申込限定プラン)

※お申込期間2021年11月8日~2022年3月4日※3月25日までのお借入れに限ります。※りそなグループアプリのセットアップが条件。※金利は毎月見直します。"

(-)0.370%0.370%-2.20%+33,000無料
PayPay銀行
変動金利(-)0.380%0.415%-2.20%無料
SBIマネープラザ
変動金利(借り換え)(-)0.390%0.390%-2.20%無料
SBIマネープラザ
変動金利(-)0.390%0.390%-2.20%無料
auじぶん銀行
変動金利(-)0.410%0.410%電子契約で印紙代不要
auモバイル優遇割年率0.07%引下げ
じぶんでんき優遇割年率0.03%引下げ
審査の結果によっては保証付金利プラン(3年、5年、10年)になる可能性あり
2.20%無料

住宅ローン金利比較はこちら

時期によって、変動金利が低金利の上位の顔ぶれは変わってしまいますが、基本的に住信SBIネット銀行住宅ローンの変動金利が業界トップクラスの低金利であることは間違えありません。

基本的に常に1位、2位を争う低金利と考えて良いでしょう。

「借り換え専用」のプランもトップクラスの低金利ですし、「新規借入」で利用できるプランも、トップクラスの低金利です。

常に一番金利が低金利というわけではありませんが、これとは別に「全疾病保証無料付帯」という大きな特典もあるため、変動金利を選ぶのであれば、有力な候補であることは間違えないでしょう。

補足

同じ低金利の住宅ローンにSBIマネープラザの「ミスター住宅ローンREAL」がありますが、これは住信SBIネット銀行の住宅ローン商品をSBIマネープラザなどの店舗で販売してる商品なので「金利は同じ」になります。

2022年1月時点金利

住信SBIネット銀行住宅ローンの当初10年固定金利/2022年1月
住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(10年)1.060%1.000%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(10年)0.660%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
当初10年固定金利の住宅ローン低金利トップ5/2022年1月
銀行金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ARUHI
当初固定金利(10年)0.480%0.980%WEB申込で事務手数料1.10%1.10%無料
ARUHI
当初固定金利(10年)0.560%0.810%借り換えで事務手数料1.10%、ARUHI 全疾病保障(入院一時金付)加入が必須条件2.20%無料
PayPay銀行
当初固定金利(10年)0.560%0.880%-2.20%無料
auじぶん銀行
当初固定金利(10年)0.565%1.541%電子契約で印紙代不要
auモバイル優遇割年率0.07%引下げ
じぶんでんき優遇割年率0.03%引下げ
審査の結果によっては保証付金利プランになる可能性あり
2.20%無料
ARUHI
当初固定金利(10年)0.600%0.870%借り換えで事務手数料1.10%2.20%無料

住宅ローン金利比較はこちら

住信SBIネット銀行住宅ローンは、当初10年固定金利はそれほど金利の優位性があるものではありません。

住信SBIネット銀行住宅ローンの金利で注意しなければならない点

当初10年固定金利(「当初期間引下げプラン」)の場合、当初期間終了後の金利の引き下げ幅が小さくなってしまうということです。

引き下げ幅が小さくなる = 金利が上昇する

ということを意味します。

当初引下げプラン/当初10年固定金利(2018年1月時点の引き下げ幅)
  • 当初期間の基準金利からの金利の引き下げ幅:-1.700%
  • 当初期間終了後の基準金利からの引き下げ幅:-0.700%

となっています。つまり、当初固定金利(当初期間引下げプラン)は、当初期間中は住宅ローンの中でもトップクラスの低金利になる一方で、当初期間終了後の金利を比較してみると、競合他社よりも割高な金利になってしまうのです。

単純に1.0%以上はどの金利タイプを選んでも、当初期間終了後に金利が上昇してしまうのです。

2022年1月時点金利

住信SBIネット銀行住宅ローンの35年固定金利/2022年1月
住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(35年)2.470%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(35年)1.420%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
35年固定金利の住宅ローン低金利トップ5/2022年1月
銀行金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)0.810%0.810%借り換えで事務手数料1.10%、ARUHI 全疾病保障(入院一時金付)加入が必須条件2.20%無料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)0.850%0.850%借り換えで事務手数料1.10%2.20%無料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)0.860%0.860%借り換えで事務手数料1.10%2.20%無料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)0.870%0.870%借り換えで事務手数料1.10%2.20%無料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)0.890%0.890%借り換えで事務手数料1.10%2.20%無料

住宅ローン金利比較はこちら

35年などの長期の固定金利で見ると、フラット35と比較すると金利的にはかなり高金利になってしまいます。長期の固定金利としては選びにくい住宅ローンです。


検証結果

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利は、変動金利は、業界で1位、2位を争うトップクラスの低金利に設定されています。

しかしながら、

  • 当初10年固定金利は、当初期間もそれほど低金利ではない
  • 当初10年固定金利は当初期間終了後の金利上昇幅が大きい
  • 全期間固定金利は、フラット35と比較するとかなり高金利になってしまう

というマイナス点があるのです。

住信SBIネット銀行の住宅ローンでおすすめできる金利プランは

「変動金利」

です。

「借り換え専用プラン」はさらに低金利に設定されているので、当然「借り換えメリット」も大きくなります。借り換えでもおすすめできる住宅ローンです。

住信SBIネット銀行住宅ローン金利のメリット

  • 変動金利はネット銀行の中でも1位、2位を争う低金利設定
  • 当初固定金利も、当初期間の金利は低金利

住信SBIネット銀行住宅ローン金利のデメリット

  • 「自己資金20%未満」「自己資金20%以上」「借り換え」で適用金利に差がある
  • 当初固定金利は、当初期間終了後の金利上昇幅が大きい

変動金利プラン

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン変動金利(-)0.440%0.440%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン変動金利(借り換え)(-)0.410%0.410%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料

当初固定金利プラン

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(2年)0.520%0.975%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(3年)0.570%0.975%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(5年)0.570%0.975%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(7年)0.590%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(10年)0.660%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(15年)0.990%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(20年)1.200%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(30年)1.340%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン当初固定金利(35年)1.420%2.075%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料

全期間固定金利プラン

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇・備考事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(2年)1.300%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(3年)1.250%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(5年)1.280%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(7年)0.990%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(10年)1.060%1.000%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(15年)1.390%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(20年)2.480%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(30年)2.390%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料
ネット専用住宅ローン全期間固定金利(35年)2.470%1.225%審査によっては金利+年0.1%2.20%無料

ミックスローン

ミックスローンは利用可能です。「変動金利タイプ」「固定金利特約タイプ」(2年・3年・5年・7年・10年・15年・20年・30年・35年)の金利タイプの中から、2つの金利タイプを自由に選べます。

金利タイプの変更

金利タイプの変更の可否

  • 変動金利タイプ : 固定金利特約への変更が可能
  • 固定金利タイプの特約期間中 : 不可
  • 固定金利タイプの特約期間終了後 : 自動的に変動金利タイプへ変更。その後金利タイプの変更が可能

金利タイプの変更方法

  • 変動金利タイプから固定金利タイプへ変更をご希望の場合

ご希望の金利切替月の1日から約定返済日の前日までに〔ログイン > 住宅ローン > ご契約済みのかた > 金利切替〕より予約

  • 固定金利タイプから固定金利タイプへ変更をご希望の場合

固定金利特約期間満了月の1日から固定金利特約期間満了月の約定返済日の前日までに〔ログイン > 住宅ローン > ご契約済みのかた > 金利切替〕より予約

住信SBIネット銀行住宅ローン借り換え評価

住信SBIネット銀行住宅ローン借り換え検証結果

concierge

借り換えで重要なポイント

住宅ローンの借り換えで重要なポイントは

  1. 現在借り入れ中の住宅ローン金利と借り換え先の金利にどれぐらい差があるのか?
  2. 「金利低下による返済額削減額」 > 「借り換え諸費用」になっているか?
  3. 借り換え後の住宅ローンの保障に強みはあるのか?

の3点です。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの場合は

現在借り入れ中の住宅ローン金利と借り換え先の金利にどれぐらい差があるのか?
  • 変動金利は業界トップクラスの低金利
  • 借り換え専用の低金利プランあり

ですので、「変動金利」を選ぶのであれば、金利差は大きくなり、十分な借り換えメリットが期待できます。

「金利低下による返済額削減額」 > 「借り換え諸費用」になっているか?

金利差が大きいのであれば、返済額の削減効果も高いはずです。また、住信SBIネット銀行の住宅ローンは印紙代(2万円程度)も不要になるため、ほかの銀行の住宅ローンよりも、「借り換えメリットは出やすい」はずです。

借り換え後の住宅ローンの保障に強みはあるのか?

住信SBIネット銀行住宅ローンでは「全疾病保障無料付帯」という特典があります。借り換え時には、新規借入時よりも年齢が高くなっているので、がん保障無料付帯というのは大きなアドバンテージと言っていいでしょう。

注意しなければならない点
  • 当初固定金利の場合、当初期間終了後の金利は上昇してしまう
  • 当初固定金利ではそれほど金利メリットがない
  • 長期の固定金利ではそれほど金利メリットがない

という問題点もあるため、上記の金利タイプの場合は、借り換えはおすすめできません。


検証結果

住信SBIネット銀行住宅ローンは

  1. 変動金利が低金利(借り換え専用金利プランあり)
  2. WEB契約であれば印紙代不要
  3. 全疾病保障が無料付帯されている

と諸費用の安さはありませんが、それ以外の2点とも、十分なメリットがあるため、借り換えにおすすめできる住宅ローンと言えます。

ただし、

  • 当初固定金利の場合、当初期間終了後の金利は上昇してしまう
  • 当初固定金利ではそれほど金利メリットがない
  • 長期の固定金利ではそれほど金利メリットがない

という点を考慮すると借り換えにおすすめできるが、金利タイプは選ぶということを理解しておく必要があります。

住信SBIネット銀行住宅ローン審査評価

住信SBIネット銀行住宅ローン審査検証結果

concierge

住宅ローン審査の傾向としては

  • 低金利の住宅ローン → 審査が厳しくなる
  • 高金利の住宅ローン → 審査が甘くなる
  • ネット銀行 → 借り換え重視

というものがあります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査の場合

低金利の住宅ローンですから、審査は比較的厳しいことが推察されます。

また、ネット銀行ですので「新規借り入れ」よりも「借り換え」の方の方が審査は通りやすい可能性があります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン審査の口コミ


出典:マンションコミュニティ


検証結果

住信SBIネット銀行の住宅ローンは低金利のネット銀行ですので

  • 審査は厳しい
  • 「新規借り入れ」よりは「借り換え」利用者の方を重視している

ことが考えられます。

口コミからわかることは

  • 住信SBIネット銀行は「本審査に時間がかかる」
  • 疾病保障の審査だけ落ちることもある

「審査が厳しい」という声よりも、「時間がかかる」という声の方が多い形になっています。

住信SBIネット銀行の住宅ローンは「時間がかかる」ことを前提として、他の銀行の住宅ローンも並行して申し込んでおくことをおすすめします。

審査難易度

concierge
金利がトップクラスを争う低金利であり、かつ疾病保障が無料付帯という特典も手厚い為、おのずと許容できる貸し倒れ率は小さくなり、審査は厳しいことが想定されます。それでも、2017年3月時点で融資額が3兆5000億を超えるなど十分な融資実績を持っているため、簡単にあきらめる必要はないでしょう。

審査期間

住信SBIネット銀行は仮審査があって、仮審査通過後に正式審査になります。仮審査は「仮審査申込み当日から3営業日以内」と比較的早く審査結果は出ますが、そこから時間がかかります。

「仮審査申込日から借入希望日までには1カ月半以上必要です。」とウェブサイト上にも記載されている通りで、1か月半を見ておく必要があります。

住信SBIネット銀行住宅ローン諸費用

住信SBIネット銀行住宅ローン諸費用検証結果

concierge
住信SBIネット銀行住宅ローンの諸費用/2022年1月
銀行事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料団信料
住信SBIネット銀行
2.20%無料無料
他のネット銀行の住宅ローン諸費用/2022年1月
銀行事務手数料(税込)
※%は借入額に対しての割合
保証料団信料
auじぶん銀行
2.20%無料無料
ソニー銀行
2.20%無料無料
新生銀行
2.20%無料無料
楽天銀行
330,000無料無料
イオン銀行
2.20%無料無料

住宅ローン諸費用比較はこちら

住信SBIネット銀行住宅ローンの諸費用は、他のネット銀行と横並びで

  • 事務手数料:借入額の2.2%(税込)
  • 保証料:無料

となっています。

ネット銀行の中にも、事務手数料を安く設定する分、金利を高くしているところもあるため、一部のネット銀行と比較すると事務手数料は高くなってしまいます。ただし、金利との兼ね合いもあるので、一概に「事務手数料が高い≒お得じゃない」と言い切ることはできません。

電子契約を採用することで印紙代が不要に

住信SBIネット銀行住宅ローンでは電子契約を採用しています。

ただし、金銭消費貸借契約をWEBサイトでご契約のかたは、契約書へ印紙の貼付が発生しないため、印紙代はかかりません。

となっているので、WEBで契約する場合には、ネット銀行らしく、契約書が不要なのです。

契約書が不要な電子契約の場合は、印紙が不要なので、印紙代も発生しません。

印紙代一覧
契約金額 印紙税
1万円未満 非課税
10万円以下 200円