新生銀行住宅ローンを徹底検証。他社と比較して判明した強み・弱みと金利・審査情報

目次

新生銀行住宅ローンの概要

新生銀行は外資系の銀行です。新生銀行はATM手数料完全無料、自行宛の振込手数料一律無料など斬新なサービスを取り込むことで利用している方も多い銀行です。ネット銀行の多くが住宅ローンに算入する前から住宅ローンを提供していた革新性の高い銀行と言えるでしょう。個人向けの商品に力を入れている銀行です。

新生銀行の住宅ローンの特徴は「事務手数料が5万円~と格安設定」「返済が厳しくなった時に一時的に元本の返済を休めるコントロール返済」「介護保障付団信無料付帯」「安心パックW(ダブル)では病児保育サービス、家事代行サービスが利用できる」「キャンペーンが多い」などがあります。

大きな特徴なのは諸費用が安いことです。安心パック10万円(税別)、安心パックW15万円(税別)、どちらも付帯しないのであれば5万円(税別)と格安の諸費用設定になっている分、借り換え利用などで重宝される住宅ローンとなっています。

また、コントロール返済があるため、急に会社が倒産した、会社をクビになった、病気で働けなくなった・・・など返済が滞ってしまう状況に陥っても、元本の返済を休めるので返済額としては20%~30%ぐらいの返済でしのぐことができるのです。介護保障無料も含めて、リスクヘッジがしやすい住宅ローンとなっています。

一方で金利はそれほど低金利ではなく、一見低金利に見える金利プランも、「はじめだけの低金利」であることが多く、金利面でのメリットは少ない住宅ローンとなっています。

他の銀行にはない住宅ローンサービスが盛りだくさんなので、メリットデメリットがはっきりしている分、比較検討しやすい住宅ローンです。

7

金利の低さ

6.3 /10

知名度や安心感

6.9 /10

融資までのスピード

7.3 /10

審査の通りやすさ

7.3 /10

対応の質

7.3 /10

良い点

  • 事務手数料が格安
  • 介護保障付団信無料
  • 病児保育サービスが利用できる
  • は家事代行サービスが利用できる
  • コントロール返済ができる

悪い点

  • ネット銀行の中では金利が高めの設定
  • 低金利に見えるプランでも、一時的な低金利のプランが多い

新生銀行住宅ローンキャンペーン

注目金利

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(変動半年型タイプ)(0.5年)0.600%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(10年)1.100%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(20年)1.550%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料

新生銀行住宅ローンメリット

  • 事務手数料が5万円~と格安設定
  • 返済が厳しくなった時に一時的に元本の返済を休めるコントロール返済
  • 介護保障付団信無料付帯
  • 安心パックW(ダブル)では病児保育サービスが利用できる
  • 安心パックW(ダブル)では家事代行サービスが利用できる
  • キャンペーンが多い
  • 保証料無料のネット銀行モデル
  • 諸費用が安いので借り換えメリットが出やすい

新生銀行住宅ローンデメリット

  • 金利はネット銀行と比較すると高い
  • 低金利に見えるプランでも、一時的な低金利のプランが多い

新生銀行住宅ローン金利

新生銀行住宅ローン金利の検証結果

concierge
新生銀行住宅ローンの変動金利/2018年4月
住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(変動半年型タイプ)(0.5年)0.600%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
変動金利の住宅ローン上位5位/2018年4月
銀行金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
SBIマネープラザ
変動金利(借り換え)(-)0.439%0.439%-2.16%無料
住信SBIネット銀行
変動金利(借り換え)(-)0.439%0.439%-2.16%無料
りそな銀行
2018年4月
変動金利(借り換え専用Web申込限定プラン)(-)0.440%--2.16%+32,400無料
SBIマネープラザ
変動金利(-)0.457%0.457%-2.16%無料
じぶん銀行
変動金利(-)0.457%0.457%電子契約で印紙代不要2.16%無料

住宅ローン金利比較はこちら

時期によって、変動金利が低金利の上位の顔ぶれは変わってしまいますが、基本的に新生銀行住宅ローンの変動金利は、ネット銀行の中では「金利が高い」部類に入ります。

新生銀行住宅ローンの金利で注意しなければならない点

また、注意しなければならないのは、新生銀行の変動金利は、他の銀行の変動金利と違うという点です。

一般的な銀行の住宅ローン変動金利の場合

  • 基準金利は変動しますが、借入から完済まで「基準金利からの引き下げ幅」は一定です。

新生銀行の住宅ローン変動金利の場合

  • 基準金利も変動しますし、「基準金利からの引き下げ幅」も変動します。

変動金利(半年型)タイプの場合、基準金利の変動がなくても

新生銀行住宅ローンの金利で注意しなければならない点

2017年12月時点

基準金利:1.550%

借入時金利:0.600%(引き下げ幅:‐0.950%)

↓ 半年で当初借入金利適用期間終了

半年後金利:0.900%(引き下げ幅:‐0.650%)

↓ 借入元本残高が500万円未満まで返済が進む

金利:1.300%(引き下げ幅:‐0.250%)

と金利が上昇してしまうのです。

一般的な銀行の住宅ローン変動金利の場合は、基準金利が変わらなければ、完済まで変動金利も、一定ですから、新生銀行の変動金利は変わった仕組みを採用していて、性格的に言えば「0.5年固定金利」と言えるものなのです。

新生銀行の変動金利はおすすめできません。

2018年4月時点金利

新生銀行住宅ローンの当初10年固定金利/2018年4月
住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(10年)1.100%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(25年)1.700%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(30年)1.950%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(35年)1.950%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料
当初10年固定金利の住宅ローン低金利トップ5/2018年4月
銀行金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
ARUHI
当初固定金利(10年)0.600%1.100%ARUHIダイレクト利用で事務手数料1.08%2.16%無料
じぶん銀行
当初固定金利(10年)0.610%1.541%電子契約で印紙代不要2.16%無料
りそな銀行
当初固定金利(10年)0.645%0.820%-2.16%無料
ARUHI
当初固定金利(10年)0.650%1.150%ARUHIダイレクト利用で事務手数料1.08%2.16%無料
SBIマネープラザ
当初固定金利(10年)0.690%2.075%-2.16%無料

住宅ローン金利比較はこちら

新生銀行住宅ローンは、当初10年固定金利の中でも、金利は高く設定されています。

新生銀行住宅ローンの金利で注意しなければならない点

当初10年固定金利でも、変動金利と同じように「借入元本残高が500万円以下」になると引き下げ幅が小さくなり、金利が上昇します。

新生銀行住宅ローンの金利で注意しなければならない点

2017年12月時点

借入元本残高が500万円以上

  • 適用金利:当初固定金利タイプのその時点での住宅ローン基準金利から‐0.7%

借入元本残高が500万円未満

  • 適用金利:当初固定金利タイプのその時点での住宅ローン基準金利

つまり、返済が進んで借入元本残高が500万円未満になった時から、基準金利が変動していなくても、金利が0.7%上昇するということです。

2018年4月時点金利

新生銀行住宅ローンの35年固定金利/2018年4月
住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(35年)1.950%-リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(35年)1.950%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料
35年固定金利の住宅ローン低金利トップ5/2018年4月
銀行金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)0.970%--2.16%無料
ARUHI
全期間固定金利(15~35年)1.020%--2.16%無料
住信SBIネット銀行
全期間固定金利(21~35年)1.150%--2.16%無料
楽天銀行
全期間固定金利(21~35年)1.150%-楽天銀行を返済口座に設定で事務手数料1.08%、借り換えで0.972%1.08%無料
ARUHI
全期間固定金利(21~35年)1.150%-ARUHIダイレクト利用で事務手数料1.08%2.16%無料

住宅ローン金利比較はこちら
35年などの長期の固定金利で見ると、フラット35と比較すると金利的にはかなり高金利になってしまいます。長期の固定金利としては選びにくい住宅ローンです。

ステップダウン金利タイプ

新生銀行では、2017年11月から「ステップダウン金利タイプ」という商品ラインナップを追加しました。

これは、時間経過に伴い金利が下がっていくタイプの住宅ローンの金利タイプです。新生銀行の従来の全期間固定金利と比較するとお得感はあるものの、やはりフラット35などと比較すると、スタート時点の金利が割高なので、総返済額は高くなってしまいます。

ステップダウン金利タイプ

検証結果

新生銀行の住宅ローン金利は、変動金利も、当初10年固定金利も、長期固定金利も、比較的高金利に設定されています。

注意しなければならないのは

  • 変動金利は、一般的な「変動金利」ではなく、半年後に金利が上昇する「0.5年固定金利」
  • 変動金利や当初固定金利は、残高が500万円未満になるまで返済が進むと金利が上昇する

という点です。

金利面では、おすすめしにくい住宅ローンと言えます。

新生銀行住宅ローン金利のメリット

  • 全期間固定金利であれば業界トップクラスの低金利での借入が可能

新生銀行住宅ローン金利のデメリット

  • 金利プランが「はじめだけ低金利」のものが多い
  • 当初期間終了後の金利上昇幅が大きい
  • 残高が少ない状況ではさらに金利上昇がする

変動金利プラン

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(変動半年型タイプ)(0.5年)0.600%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料

当初固定金利プラン

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(変動半年型タイプ)(0.5年)0.600%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(1年)0.900%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(3年)0.900%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(5年)0.900%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(7年)1.000%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(10年)1.100%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(12年)1.200%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(15年)1.350%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン当初固定金利(20年)1.550%0.900%リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料

全期間固定金利プラン

住宅ローン名金利タイプ借入期間実質金利(年率)
保証料/優遇込み
当初期間終了後
変動金利
優遇サービス事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(25年)1.700%-リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(30年)1.950%-リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(35年)1.950%-リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
自己資金1割以上で新規借り入れの方金利0.05%優遇
Tポイント最大2万ポイント
108,000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(25年)1.700%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(30年)1.950%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料
パワースマート住宅ローン全期間固定金利(ステップダウン金利)(35年)1.950%-10年後から5年毎に金利10%ずつ低下
リフォーム資金も同金利で借入可能
事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
Tポイント最大12万ポイント
162000無料

ミックスローン

ミックスローンは利用可能です。

金利タイプの変更

金利タイプの変更の可否

  • 変動金利タイプ : 当初借入金利適用期間終了後、当初固定金利タイプへの変更が可能
  • 当初固定金利タイプの特約期間中 : 不可
  • 当初固定金利タイプの特約期間終了後 : 当初固定金利タイプへの変更が可能

金利タイプの変更方法

  • 新生パワーコール<提携住宅ローン専用>へ連絡

新生銀行住宅ローン借り換え

新生銀行住宅ローン借り換え検証結果

concierge

借り換えで重要なポイント

住宅ローンの借り換えで重要なポイントは

  1. 現在借り入れ中の住宅ローン金利と借り換え先の金利にどれぐらい差があるのか?
  2. 「金利低下による返済額削減額」 > 「借り換え諸費用」になっているか?
  3. 借り換え後の住宅ローンの保障に強みはあるのか?

の3点です。

新生銀行の住宅ローンの場合は

現在借り入れ中の住宅ローン金利と借り換え先の金利にどれぐらい差があるのか?

新生銀行の住宅ローン金利は、高金利設定

ですので、「変動金利」「当初固定金利」を選ぶのであれば、金利差は大きくならず、借り換えメリットは期待しにくい状況になります。

「金利低下による返済額削減額」 > 「借り換え諸費用」になっているか?

金利差が小さいため、ほかの住宅ローンと比較すると、返済額の削減効果は小さくなります。

しかし、新生銀行の住宅ローンは「事務手数料が安い」という大きなメリットがあります。

  • 一般的なネット銀行:借入額の2.0%(税別)※3000万円の借入なら、648,000円
  • 新生銀行(安心パック):100,000円(税別)

諸費用負担部分が小さくなるため、金利差が小さくても、借り換えメリットがでる可能性が出てきます。

借り換え後の住宅ローンの保障に強みはあるのか?

新生銀行住宅ローンでは「介護付団信無料付帯」という特典があります。借り換え時には、新規借入時よりも年齢が高くなっているので、病気によって介護が必要になる可能性も増えるため、保障無料付帯というのはアドバンテージと言っていいでしょう。

注意しなければならない点
  • 新生銀行の金利プランは残高が500万円未満になると金利が上昇する

という問題点もあるため、今後の金利上昇分も、加味して借り換えメリットを計算しなければなりません。


検証結果

新生銀行住宅ローンは

  1. 諸費用が競合他社より大幅に安い
  2. 介護月団信が無料付帯されている

、十分なメリットがあるため、借り換えにおすすめできる住宅ローンと言えます。

ただし、

  • 金利は高金利設定
  • 新生銀行の金利プランは残高が500万円未満になると金利が上昇する

というデメリットもあるため、しっかり「借り換えメリットがでるのかどうか?」試算した上で、借り換えることをおすすめします。

新生銀行住宅ローン審査

新生銀行住宅ローン審査検証結果

concierge

住宅ローン審査の傾向としては

  • 低金利の住宅ローン → 審査が厳しくなる
  • 高金利の住宅ローン → 審査が甘くなる
  • ネット銀行 → 借り換え重視

というものがあります。

新生銀行の住宅ローン審査の場合

低金利の住宅ローンですから、審査は比較的厳しいことが推察されます。

また、ネット銀行ですので「新規借り入れ」よりも「借り換え」の方の方が審査は通りやすい可能性があります。

新生銀行の住宅ローン審査の口コミ

新生銀行の住宅ローン審査の口コミ 新生銀行の住宅ローン審査の口コミ 新生銀行の住宅ローン審査の口コミ 新生銀行の住宅ローン審査の口コミ 新生銀行の住宅ローン審査の口コミ

出典:マンションコミュニティ


検証結果

新生銀行の住宅ローンはネット銀行ですので

  • 審査は厳しい
  • 「新規借り入れ」よりは「借り換え」利用者の方を重視している

ことが考えられます。

保証会社を付けないスキームですので、すでに返済実績がある借り換えの方が貸し倒れリスクが少ないという判断だと思われます。

口コミを見ても、借り換えは物件の評価額以上の借入ができる反面、新規は希望額に届かないという声が多いようです。

審査面では、借り換えの方が有利になる住宅ローンと考えましょう。

審査期間

審査期間
新生銀行は事前審査というものがなく、いきなり本審査です。

必要書類が手元に届くまでに5営業日、審査結果の通知に7営業日ですから、12営業日+書類を準備する期間で審査結果が出ることになります。3週間程度と考えておくと良いでしょう。

新生銀行住宅ローン諸費用

新生銀行住宅ローン諸費用検証結果

concierge
新生銀行住宅ローンの諸費用/2018年4月
銀行事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料団信料
新生銀行
108,000無料無料
他のネット銀行の住宅ローン諸費用/2018年4月
銀行事務手数料
※%は借入額に対しての割合
保証料団信料
住信SBIネット銀行
2.16%無料無料
ソニー銀行
2.16%無料無料
新生銀行
108,000無料無料
楽天銀行
324,000無料無料
イオン銀行
2.16%無料無料

住宅ローン諸費用比較はこちら

新生銀行住宅ローンの諸費用は、他のネット銀行とは大きく違う事務手数料設定をしています。

一般的なネット銀行の住宅ローン
  • 事務手数料:借入額の2.0%(税別)
  • 保証料:無料
新生銀行の住宅ローン
  • 事務手数料
    • 安心パック:100,000円(税別)
    • ステップダウン金利タイプ、安心パックW(ダブル)、安心パックS:150,000円(税別)
    • 両方選択しない:50,000円(税別)
  • 保証料:無料

となっています。

安心パックとは
  1. 安心保障付団信(団体信用介護保障保険) → 要介護状態で保険金が支払われる団信
  2. コントロール返済 → 繰り上げ返済した分、いつでも、元本の返済を休める返済方法

の2つが付くプランのことです。

安心パックW(ダブル)とは

安心パックに加えて

  1. 家事代行サービス・ハウスクリーニング
  2. 病児保育サービス

が付くプランのことです。

安心パックSとは

安心パックに加えて

  1. 自然災害時債務免除特約

が付くプランのことです。

安心パックSとは

3000万円の借入だとした場合

  • 一般的なネット銀行の住宅ローン → 事務手数料:3000万円 × 2.0%(税別) = 60万円(税別)
  • 新生銀行の住宅ローン(安心パック) → 事務手数料:10万円

ですから、諸費用負担はかなり軽減されることがわかります。


検証結果

新生銀行住宅ローンの諸費用は

事務手数料

  • 安心パック:100,000円(税別)
  • ステップダウン金利タイプ、安心パックW(ダブル)、安心パックS:150,000円(税別)
  • 両方選択しない:50,000円(税別)

保証料:無料

ですので、他の住宅ローンと比較して「かなりの格安設定」と言っていいでしょう。

諸費用が安いことで

  • 借入時の諸費用が用意できない方も利用しやすい
  • 借り換えメリットが出やすい

というメリットがあります。

事務手数料

  • 安心パック:100,000円(税別)
  • ステップダウン金利タイプ、安心パックW(ダブル)、安心パックS:150,000円(税別)
  • 両方選択しない:50,000円(税別)

保証料

無料

一部繰り上げ返済手数料

無料

全額繰り上げ返済手数料

無料

※安心パックW(ダブル)をご利用の方は、お借り入れ日から5年以内に完済される場合、繰上返済手数料として完済時に別途162,000円(消費税込み)をお支払いいただきます。

金利タイプの変更手数料

変動金利から固定金利への変更:5,000円(税別)
固定金利から固定金利への変更:5,000円(税別)

証明書発行手数料

印紙税

契約金額印紙税
1万円未満非課税
10万円以下200円
10万円を超え50万円以下400円
50万円を超え100万円以下1千円
100万円を超え500万円以下2千円
500万円を超え1千万円以下1万円
1千万円を超え5千万円以下2万円
5千万円を超え1億円以下6万円
1億円を超え5億円以下10万円
5億円を超え10億円以下20万円
10億円を超え50億円以下40万円
50億円を超えるもの60万円
契約金額の記載のないもの200円

登記費用(概算)

※新築マンション想定

登録免許税

土地評価額 × 2.0% + 建物評価額 × 0.4% ※軽減措置の対象になるケースあり
司法書士報酬・実費:30,000~60,000円程度

抵当権設定登記費用

借入額 × 0.4%  ※軽減措置の対象になるケースあり
司法書士報酬・実費:60,000~100,000円程度

その他発生が予測される諸費用

火災保険料
引っ越し費用
新居の家具費用(カーテン、照明なども含む)
修繕一時金(新築マンション)

新生銀行住宅ローン保障

新生銀行住宅ローン保障検証結果

concierge
新生銀行住宅ローンの無料保障特典/2018年4月
銀行団信料保障特典
新生銀行
無料介護団信無料
他の銀行の住宅ローンの無料保障特典/2018年4月
銀行団信料保障特典
住信SBIネット銀行
無料全疾病保障団信無料
女性限定ガン診断給付金特約
住信SBIネット銀行
無料全疾病保障団信無料
女性限定ガン診断給付金特約
じぶん銀行
無料がん50%保障団信無料
新生銀行
無料介護団信無料
SBIマネープラザ
無料全疾病保障団信無料
団体総合生活補償保険
SBIマネープラザ
無料全疾病保障団信無料
団体総合生活補償保険

住宅ローン保障特典比較はこちら

団信(団体信用生命保険)は、フラット35を除けば、どの銀行でも無料付帯されているベースの保障ですが、ネット銀行を中心に「無料の保障特典」を用意している銀行があります。

新生銀行の場合は「安心パック」で「安心保障付団信」を無料付帯しています。

安心保障付団信は
  • 公的介護保険制度の要介護3以上に該当していると認定されたとき
  • 次のいずれかに該当し、その状態が該当した日から起算して継続して180日あることを医師によって診断確定されたとき
    • 「歩行」、「衣服の着脱」、「入浴」、「食物の摂取」、「排泄」の5項目のうち1項目が全部介助、かつ他の1項目が全部介助または一部介助の状態に該当したとき
    • 上記5項目のうち3項目が一部介助の状態に該当したとき
    • 器質性認知症、かつ、意識障害のない状態において見当識障害があると診断確定されたとき

住宅ローンの残高分の保険金が支払われて、保険金が免除される保障です。

無料付帯ですので、ないよりは合った方がお得なのですが

  • 疾病保障無料付帯
  • がん保障無料付帯

と比較すると、「要介護」状態になる可能性は小さいため、重要度は下がってしまいます。


検証結果

新生銀行は通常の団信に加えて

  • 介護付き保障団信が無料付帯

ですので、通常の団信のみの住宅ローンと比較すれば、保障は手厚いと言えます。

しかし、

病気になる確率 > 要介護状態になる確率

ですので

と比較すると、保障のメリットは小さくなってしまいます。

安心保障団信

無料(安心パック加入)

住宅ローン残高が0円になる条件

住宅ローン残高が0円になる条件
  • 要介護状態が180日以上継続した場合
  • 公的介護保険制度の「要介護3以上」に認定された場合
※要介護状態とは

歩行、衣服の着脱、入浴、食物の摂取、排せつの5項目中、1項目が全部介助、かつ他の1項目が全部介助または一部介助の状態、または5項目中3項目以上が一部介助の状態を言います。

自然災害時債務免除特約

無料(安心パックS加入)

一定期間の住宅ローン返済が免除される条件

一定期間の住宅ローン返済が免除される条件

地震や台風などの自然災害によりご自宅が罹災した場合

  • 全壊 → 24回分免除
  • 大規模半壊 → 12回分免除
  • 半壊 → 6回分免除

火災保険や地震保険と保障が被ってしまうケースもあるので注意が必要です。

新生銀行住宅ローン付加価値サービス

新生銀行住宅ローン付加価値サービス検証結果

concierge

新生銀行の住宅ローンは他の銀行にはない独自の付加価値サービスを多く取り揃えています。

介護付き団信、コントロール返済は高齢時のリスクヘッジ(安心パック)
病児保育、家事代行サービスは子育て家庭の負担軽減(安心パックW)
自宅が地震や台風などの自然災害罹災時、一定期間返済免除(安心パックS)

ですから、子育て中の過程から高齢になるときのリスクヘッジまで幅広いニーズに答えてくれます。ただし、安心パックWは全国対応でないので注意が必要です。

新生銀行住宅ローン付加価値サービス検証結果

安心保証付団信(安心パック)

概要

契約者が要介護状態になった時に住宅ローン残高が0円になる保障が無料で付帯されます。

コントロール返済(安心パック)

概要

繰り上げ返済をして短縮した返済期間の範囲内で、いつでも元本の返済をお休みできるサービスです。

概要
  • 会社が倒産した。
  • 会社をクビになった。
  • 転職する間給料が止まる。
  • 病気になって働けなくなった。
  • 事故に遭って一時的に入金しなければならなくなった。
    ・・・

住宅ローンの返済期間は何十年という長期にわたります。この中で予期せぬ事態が起きたときに、期間短縮型の繰り上げ返済をしていた期間分はいつでも元本の返済を休めるので、毎月10万円の返済をしていたとしても、2万円~3万円の利息分の返済だけで済む休息期間が設けられるのです。

病児保育サービス(安心パックW)

概要

専門スタッフが平日9:30 ~ 18:30まで、お子様を預かってくれるサービスです。当日の連絡でも対応可能で生後6ヵ月~小学校6年生までのお子さまにご利用いただけます。

費用

クーポン2枚

クーポンとは

※クーポンは借入額に応じて付与されます。
※クーポンのご利用は、クーポンの到着日から120回目の約定返済日(10年間)までです。

お借入金額 クーポン交付枚数
3,000万円 ~ 50枚
2,500万円 ~ 2,990万円 40枚
2,000万円 ~ 2,490万円 30枚
1,500万円 ~ 1,990万円 20枚

家事代行サービス(安心パックW)

概要

家事代行サービスを依頼できます。掃除だけではなく、料理、買い物等も可能です。「ハウスクリーニングサービス」は、ご希望のお掃除内容に応じてクーポン枚数が異なります。(1~3枚)

費用

クーポン1枚:3時間

安心パックWは下記条件を満たしていないと利用できないので注意が必要です。

  • 以下の条件を全て満たす個人の方
    • パワースマート住宅ローンのお申し込み条件を満たしていること。
    • お借り入れ金額が1,500万円以上であること。
    • お借り入れ期間が25年以上であること。
    • サービス提供会社が対応している地域にお住まいであること。
    • 団体信用介護保障保険への加入資格を有すること。

自然災害時債務免除特約(安心パックS)

概要

自宅が地震や台風などの自然災害罹災時に、一定期間、返済が免除されます。

新生銀行住宅ローン申込、審査、融資実行までの流れと日数

新生銀行住宅ローン申込、審査、融資実行までの流れと日数の検証結果

teacher

新生銀行の申込手順

新生銀行の申込手順

新生銀行の他の銀行との大きな違いは

「仮審査」がなく、はじめから「正式審査(本審査)」のみ

という点にあります。

一般的な住宅ローンの場合は

  1. 仮審査
  2. 正式審査(本審査)

と2段階の審査が必要になり、仮審査は比較的1日~2日で審査結果が出て、そこから正式審査(本審査)の書類を提出して、正式審査(本審査)が通過すれば契約という形になります。

新生銀行の住宅ローンの場合

申込から本審査の審査回答まで:最短12営業日

となっています。


検証結果

申込から本審査の審査回答まで:最短12営業日

というのは、他の銀行と比較して、十分早い審査スピードと言っていいでしょう。

しかし、審査が一回なので

  • 審査通過の見込みが薄くても、正式な書類を出さなければならない。
  • 正式な書類提出が必要なのでWEB申込では完結しない。
  • 申込から本審査の結果が出るまで、連絡がほとんどない。

というデメリットもあり、人によって評価が分かれる部分です。

新生銀行住宅ローン申込、審査、融資実行までの流れと日数

  1. 申込み(WEB/郵送)
  2. 審査に必要な書類の案内:約5営業日
  3. 審査に必要な書類の案内提出
  4. 審査結果のご案内(電話/郵送):約7営業日
  5. ご契約内容の確定:約7営業日
  6. ご契約お手続き(店舗/郵送)
  7. 融資実行:約7営業日目以降

新生銀行住宅ローンシミュレーション

試算できる項目

試算できる項目

新規借入の方

  • 借入可能金額を試算
  • 新規借入シミュレーション
  • 繰り上げ返済シミュレーション

借り換えの方

  • 借り換えメリットシミュレーション(金利入力でシミュレーション)
  • 借り換えメリットシミュレーション(返済額入力でシミュレーション)
  • 繰り上げ返済シミュレーション

シミュレーターの使い勝手

シミュレーターの使い勝手 シミュレーターの使い勝手

メリット

  • 見やすいシミュレーター
  • 保存機能がある
  • 試算結果の明細が見れる
  • ミックスプランの試算も可能
  • 金利推移がグラフで表示される

デメリット

  • 繰り上げ返済のシミュレーションは別々
  • 金利上昇による将来金利予測ができない。
  • 返済額の推移などのグラフ表示ができない。

新生銀行住宅ローン金利推移

銀行名新生銀行/パワースマート住宅ローン新生銀行/パワースマート住宅ローン変動金利/主要銀行平均当初10年固定金利/主要銀行平均
2018年4月0.600%1.100%
2018年3月0.600%1.100%0.623%1.118%
2018年2月0.600%1.050%0.623%1.111%
2018年1月0.600%1.000%0.622%1.073%
2017年12月0.600%1.000%0.628%1.070%
2017年11月0.600%1.000%0.638%1.079%
2017年10月0.600%1.000%0.637%1.071%
2017年9月0.600%1.000%0.647%1.089%
2017年8月0.600%1.000%0.654%1.116%
2017年7月0.600%1.000%0.661%1.084%
2017年6月0.600%1.000%0.669%1.049%
2017年5月0.450%0.850%0.673%1.022%
2017年4月0.400%0.900%0.655%1.000%
2017年3月0.480%1.050%0.662%0.979%
2017年2月0.550%1.100%0.667%0.951%
2017年1月0.450%0.950%0.659%0.986%
2016年12月0.450%0.900%0.659%0.938%
2016年11月0.500%0.900%0.663%0.937%
2016年10月0.450%0.900%0.659%0.944%
2016年9月0.400%0.750%0.656%0.931%
2016年8月0.400%0.700%0.656%0.861%
2016年7月0.550%0.850%0.667%0.924%
2016年6月0.550%0.900%0.667%0.990%
2016年5月0.600%1.050%0.675%1.030%
2016年4月0.600%1.100%0.675%1.034%
2016年3月0.600%1.100%0.686%1.029%
2016年2月0.480%1.000%0.686%1.191%
2016年1月0.530%1.150%0.715%1.242%
2015年12月0.530%1.150%0.761%1.293%
2015年11月0.680%1.300%0.794%1.331%
2015年10月0.880%1.300%0.819%1.373%
2015年9月0.880%1.300%0.825%1.379%
2015年8月0.880%1.350%0.830%1.433%
2015年7月0.880%1.350%0.830%1.484%
2015年6月0.880%1.300%0.830%1.426%
2015年5月0.880%1.300%0.830%1.381%
2015年4月0.880%1.380%0.830%1.402%
2015年3月0.880%1.380%0.845%1.390%
2015年2月0.730%1.150%0.834%1.371%
2015年1月0.730%1.250%0.834%1.425%
2014年12月0.880%1.450%0.850%1.522%
2014年11月0.880%1.400%0.850%1.525%
2014年10月0.880%1.450%0.850%1.557%
2014年9月0.680%1.450%0.828%1.523%
2014年8月0.680%1.450%0.828%1.523%
2014年7月0.680%1.450%0.828%1.523%
2014年6月0.680%1.450%0.828%1.523%

新生銀行住宅ローン金利推移
7

金利の低さ

6.3 /10

知名度や安心感

6.9 /10

融資までのスピード

7.3 /10

審査の通りやすさ

7.3 /10

対応の質

7.3 /10

良い点

  • 事務手数料が格安
  • 介護保障付団信無料
  • 病児保育サービスが利用できる
  • は家事代行サービスが利用できる
  • コントロール返済ができる

悪い点

  • ネット銀行の中では金利が高めの設定
  • 低金利に見えるプランでも、一時的な低金利のプランが多い

3 件のコメント

  • 金利の低さ

    7.00

    知名度や安心感

    7.00

    融資までのスピード

    7.00

    審査の通りやすさ

    8.00

    対応の質

    8.00

    総合評価
    7.4点/10点
    満足

     

    住宅ローン利用者の情報

    都道府県:兵庫県
    職種/企業規模:製造業(一般機械器具)、一般社員、未上場:社員数100人~1000人未満
    世帯年収:500万円
    家族構成:既婚/子供1名

    借入条件

    新規/借り換え:新規借り入れ
    物件:中古マンション
    借入金額:1800万円
    頭金:500万円
    借入時年齢:35歳
    借入期間:15年
    借入時適用金利:1.60%
    借入時金利タイプ:15年固定金利
    毎月の返済額:75,000円

    申込・検討情報

    申込みから融資実行までの期間:45
    検討した住宅ローンの数:4社
    何社目に申込んだ住宅ローンで借りたか?:2社目

    その金融機関を選んだ理由を教えてください。

    審査が通ったから
    融資までのスピードが速かったから
    知名度の高い金融機関だったから
    使い慣れている金融機関だったから
    金融機関から直接営業を受けた
    望んでいる金利プランがあったから

    選択した住宅ローンで借入をして良かった点・満足しているところ

    まず審査に通ったのが一番の良かったところです。もし審査に通らなかったら今のマンションに住むことが出来なかったわけですから、この不景気の時に審査を通してくれてよかったと思っています。新生銀行は今までも利用していた銀行でしたから、なじみもあり、特に心配する理由もありませんでした。書類を用意するときは、その量の多さに圧倒されそうになりましたが、担当者が非常に親切な方で、支えてくださいました。担当者の性格は、これが仕事だからしているというわけでなく、非常に親身になってくださり、、親戚のおじさんが相談に乗ってくれているような安心感を抱きました。また、審査も45日で通ったので、とても安心して、妻と手を取り合って喜びました。

    選択した住宅ローンで借入をして悪かった点・不満

    特に大きな不満はなかったのですが、もう少し金利が低い会社もあったように感じています。でも、そのような会社は、安心感がなかったり、審査が厳しかったりしていましたので、私たちが選んだ新生銀行のプランで結局は良かったと感じています。今まだローンを払い続けている段階ですが、この住宅ローンを組んだことによって、他のローンを組みずらくなってしまった点が不満です。それで、新生銀行に、他のプランで貸し出しをお願いしましたが、その件は断られてしまいました。毎月きちんと遅れずに返済しているのだから、他のローンのプランも引き受けてほしかったのですが、それはうまくは行きませんでした。その時は不満に思っていましたが、こればっかりは仕方がないと思っています。

  • 金利の低さ

    6.00

    知名度や安心感

    9.00

    融資までのスピード

    8.00

    審査の通りやすさ

    5.00

    対応の質

    7.00

    総合評価
    7点/10点
    満足

     

    住宅ローン利用者の情報

    都道府県:東京都
    職種/企業規模:製造業(印刷・同関連業)、一般社員、未上場:社員数10人未満
    世帯年収:850万円
    家族構成:既婚/子供1名

    借入条件

    新規/借り換え:新規借り入れ
    物件:新築戸建て
    借入金額:4380万円
    頭金:1000万円
    借入時年齢:40歳
    借入期間:35年
    借入時適用金利:0.85%
    借入時金利タイプ:3年固定金利
    毎月の返済額:95,000円

    申込・検討情報

    申込みから融資実行までの期間:30
    検討した住宅ローンの数:3社
    何社目に申込んだ住宅ローンで借りたか?:3社目

    その金融機関を選んだ理由を教えてください。

    金利の低さ保証料無料だったから
    繰り上げ返済が無料だったから
    審査が通ったから
    知名度の高い金融機関だったから
    使い慣れている金融機関だったから
    住んでいる地域の金融機関だったから

    選択した住宅ローンで借入をして良かった点・満足しているところ

    分譲マンションからの買い替えで、前住居の売却が決まっていない中でローンの申し込みをしたのですが、金利の安い幾つかの銀行にはすべて断られて、残ったのが新生銀行でした。普段から新生銀行を利用していたこともあり、インターネットバンキング等の操作なども慣れていたので、確認等容易に出来て良かったと思います。インターネットからの申し込み等も簡単で、当時住んでいた近隣駅のすぐ近くにローン申し込みの窓口があったので、便利でした。100万円以上になると翌営業日に自動で無料で繰り上げ返済されるので、どんどん住宅ローンの残高を減らせて、もし病気などで仕事が出来ない時も繰り上げ返済された金額分の支払いをストップしていただけるなど、安心できる所は良いと思います。

    選択した住宅ローンで借入をして悪かった点・不満

    変動金利で安い金額を提示していたのですが、安いのは半年だけでその後は金利が上がるので、金利が他の銀行より0.5%くらい高かったのと、選んだ3年固定後の金利はさらに上がるようで、借り換えなども考えています。その辺りの金利の説明がパンフレットやインターネットでは非常にわかりづらく、店頭で本申し込みの際に知らされたという状況で、不親切だと思いました。他行ではがん保障やがん診断保障、介護保障などあらゆる保証がついていたのですが、当時の新生銀行の住宅ローンはそれがなかったので、オプションなどで選択できるなどあれば良かったです。無料で付いて来た?家事代行サービスなどがあったのですが、必要がないと伝えても何度か仕事中に携帯に電話があり迷惑でした。

  • 金利の低さ

    7.00

    知名度や安心感

    6.00

    融資までのスピード

    9.00

    審査の通りやすさ

    10.00

    対応の質

    8.00

    総合評価
    8点/10点
    とても満足

     

    住宅ローン利用者の情報

    都道府県:兵庫県
    職種/企業規模:その他(該当なし)、その他(該当なし)、未上場:社員数10人未満
    世帯年収:500万円
    家族構成:既婚/子供3名~

    借入条件

    新規/借り換え:借り換え
    物件:新築マンション
    借入金額:3075万円
    頭金:600万円
    借入時年齢:36歳
    借入期間:20年
    借入時適用金利:1.00%
    借入時金利タイプ:変動金利
    毎月の返済額:57,000円

    申込・検討情報

    申込みから融資実行までの期間:30
    検討した住宅ローンの数:1社
    何社目に申込んだ住宅ローンで借りたか?:1社目

    その金融機関を選んだ理由を教えてください。

    金利の低さ保証料無料だったから
    事務手数料が安かったから
    キャンペーンをしていたから

    選択した住宅ローンで借入をして良かった点・満足しているところ

    借り換えた当時はキャンペーン期間中で、5年間金利1%だったので、それまで借りていた住宅金融公庫よりもだいぶ低金利で借り換えができ、しかも団体信用生命保険が銀行持ちで付帯されていたので、保証料の分も浮きました。おかげで、借り入れ期間を大幅に短縮できました。口座の残高いくら以上(自分で設定する)になったら、超えた部分を自動で繰り上げ返済に回せるという設定にすることができ、返済手数料がかからずこまめに返済ができるところが便利です。街の色々な所にあるATMでほぼ手数料無料で使えるため、入金もしやすい点もポイントが高いです。ローンの借り換え時の審査も非常にスピーディーでよかったと思います。手数料も安かったので満足しています。

    選択した住宅ローンで借入をして悪かった点・不満

    借り換えた当時は、他と比べると低金利だったとおもいますが、10年以上経ってみると、他行でもっと低い金利の所があるので、変動金利だし、もっと低くならないかなという不満はあります。自動繰り上げ返済は、非常に便利な機能だと思っていたのですが、一度、定期預金が満期になって口座に振り込まれていたのを忘れていたら、ほぼ全額繰り上げ返済に回っていた事があり、それをきっかけに自動繰り上げ返済の機能はオフにしています。まとまった金額だったので、失敗したなと思います。ほとんどの事はネットでできますが、ローンの借り換えなど、どうしても店舗でしかできないようなことをする時は、店舗が少ないため遠くまで行かなくてはならず、不便だと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です