住宅ローン諸費用・手数料比較の正しい方法と注意点

woman
「住宅ローンの諸費用や手数料を比較するポイントはどこ?」
「諸費用や手数料が複雑でわからないんだけど・・・」

住宅ローンを検討している方の中には、諸費用や手数料の比較方法がよくわからないという方が多いかと思います。住宅ローン諸費用・手数料比較の正しい方法と注意点と注意点について一つ一つ丁寧に解説していきます。

住宅ローンの諸費用を一つずつ特徴と相場を把握する

住宅ローンの諸費用を一つずつ特徴と相場を把握する

保証料

保証料とは

銀行が保証会社を利用する際に保証会社に支払う保証料のこと

を言います。保証会社は、保証料を銀行から受け取る代わりに、万が一、住宅ローン利用者が返済しない場合に、住宅ローンの利用者に代わって保証会社が銀行へ返済する「代位弁済」をする義務を負っています。

保証会社が肩代わりすれば住宅ローン利用者の返済が免除されるわけではなく、債務が銀行から、保証会社(サービサー)に移るだけです。

保証料の相場

保証料は一般的に

ネット銀行/新しい形態の銀行/都市銀行・地方銀行・信託銀行のWEB専用商品

保証料:無料

都市銀行・地方銀行・信託銀行

保証料:金利+0.2%

保証料は「一括前払い型」と「金利上乗せ型(利息組込み型)」の両方を選ぶことができるのが一般的です。

三菱UFJ銀行の場合
三菱UFJ銀行の場合

保証料の支払方法には一括前払い型と利息組込み型があります。

<一括前払い型>

借入時にお客さまから保証会社へお支払いいただく方式
例)借入金額1,000万円、借入期間30年、元利均等返済方式、元金返済据え置きなしの
場合、191,370円

<利息組込み型>

お客さまから銀行へお支払いいただく金利の中から銀行が保証会社へ支払う方式
※借入利率が一括前払い型に比べて年0.2%高くなります。

となっています。

注意点

一括前払い型の「例」の表記に注意

例が借入100万円の場合、借入1000万円の場合と、少しでも安く見せるために単位を小さくした場合の保証料表示になることがあります。

  • 借入金額1,000万円 → 191,370円

であれば

  • 借入金額3,000万円 → 574,110円

と、3倍しなければなりません。

一括前払い型は、借り換えで戻ってこない

30年ローンの保証料を一括前払い型で、60万円支払ったとします。10年目に借り換えをした場合には「3分の1だから、3分の2の40万円が返還されるのでは?」と思ってしまいますが、実態は銀行の独自の計算方法で返還額は計算され、10年経過すれば、ほぼ返還額は0円になってしまうのです。借り換えを検討する場合には、一括前払い型は不利であることに注意が必要です。