【比較検証】フラット35と銀行住宅ローンの全期間固定金利はどちらがお得?返済総額で比較

woman
「全期間固定金利を選びたいけれど、フラット35と銀行の住宅ローンならどっちを選んだ方が良いの?」

という疑問を抱えている方は少なくありません。今回は、フラット35と民間銀行住宅ローンのメリットデメリットを実際に返済額をシミュレーションしながら比較していきます。

銀行の住宅ローンとフラット35の違いをおさらい

銀行の住宅ローンとフラット35の違いをおさらい

まず、民間銀行の住宅ローンとフラット35の違いを抑える必要があります。

そもそも、フラット35とは?

フラット35とは

財務省が監督する独立行政法人「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)」が提供している住宅ローンで

民間の金融機関が提供しにくい住宅ローンを提供して「住宅ローンが借りたくても借りられない方」を減らすこと

を目的とする住宅ローンとも言えます。

住宅金融支援機構の目的

一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の業務を行うとともに、一般の金融機関による融通を補完するための災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与します。

となっています。

民間の金融機関が提供しにくい住宅ローンって何?

  • 全期間固定金利の住宅ローン
  • 団信非加入の住宅ローン

です。

フラット35は全期間固定金利の住宅ローン

銀行は、全期間固定金利で住宅ローンを提供すると、金利が上昇したときに「融資金利」よりも「調達金利」の方が高い「逆ザヤ」の状況が発生してしまうため、提供しにくい住宅ローンなのです。